繰り返し取り組むことの成果2008/02/06 22時47分55秒

 スポーツや習い事から始まって、教育、保育、療育など様々な分野や領域においても、「繰り返し行うこと」の大切さが尊ばれています。特に、特別支援教育に携わっている者は、子どものアセスメントから長期目標、短期目標を決め、特性と実態に応じた支援を行いながら繰り返し取り組んでいきます。繰り返し行うことで、なかなか身に付かなかった(定着しなかった)スキルや行動が身に付いたり、そのことによって自信がついてさらに意欲的に活動したりすることがあります。

 以前のブログで紹介した「音楽の授業でムーブメント」の中に出てきた“タオル体操”の取組ですが、去年の9月からスタートして先月(2008年1月)の学習会で5回行ったことになります。最初の頃の子どもたちは、動きの速さについてこられなかったり、リーダーと同じ動きを模倣できなかったりで、全体的にきれいな体操になりませんでした。しかし、毎回必ずムーブメントの最初の活動に位置付けて取り組んだことにより、5回目となる先月のタオル体操では、遅れる子どもがいなくなり、全体的にまとまったきれいな体操になりました。
 タオル体操の中に、イラストのようにタオルの両端を持ち、手を離さないでまたいで、そのまま背中に回して手首をひねって頭の上まで回すという動きがあるのですが、これがなかなか難しいようで子どもたちはかなり苦戦しました。特に身体意識が育っていない子どもにとっては、タオルをどうやってまたいだらいいのか、手首をどうやって回したら頭上までタオルをもっていけるのかが分からず、タオルを離してしまったりやろうとしなかったりでした。
 ムーブメント教育には、一つのねらいを達成するために、活動にいろいろな変化をつけて、楽しみながら、時には別の角度からのアプローチを繰り返し行うというよさがあります。したがって、タオル体操だけをずっと行うのではなく、それが終わった後のプログラムの中で、楽しみながらタオル体操にもつながるような活動(動き)を設定します。それらの取組の繰り返しが、結果的にタオルをまたいで手を離さないで体を1周させる動きにつながったのだと思います。

 音楽の時間にタオル体操を行うようになって昨日で3回目(週1回の音楽の授業)ですが、生徒もほとんどがこの動きをできるようになりました。繰り返し取り組むことの成果は、子どもによって個人差はありますが、必ず何らかの形で子どもから現れてくるというのを実感しました。

イラスト by Kimura (ムーブメント教育愛媛支部スタッフ & ピアニスト)

自由遊びと設定遊び2008/02/11 21時49分49秒

スクーターボードを使ったムーブメント
 昨日は、地域生活支援センター夢ポケットの児童デイサービスで、2月1回目のムーブメント活動をしてきました。今回のプログラムは、
①フリームーブメント
②走行ムーブメント
③スクーターボードを使ったムーブメント
④パラシュートムーブメント
です。今回は、「人を意識しながら一緒に活動を行う」ということをメインのねらいで活動を設定しました。

 最初のフリームーブメント(自由遊び)では、ホースやフープ、スクーターボードなど出していたので、児童デイサービスに参加していた約10名の子どもたちは、自由に遊具を使ったり、遊具には目もくれず他のおもちゃで遊んだりと様々でした。各々が自由に遊んでいる中で前回登場したH君は、自分が一人でこれといった遊具で遊ぶわけでもなく、他の友達が遊んでいる遊具を急に取り上げたり、スタッフとボールで遊んでいる子どもの間に急に割り込んできたりと、自由遊びではなかなか人とうまく関わりながらの遊びはできませんでした。
 しかし、走行ムーブメント、スクーターボードを使ったムーブメントという設定遊びになると、H君の順番、遊具をどう扱うのか、誰と一緒にするのか、終わったら次はどうするのかなど、H君に分かるように説明(話を聞いて理解できる子どもです)すると、さっきのフリームーブメントの時とは打って変わったように友達と一緒に楽しく活動できました。特に、スクーターボードのムーブメントでは、目的地までスクーターボードに乗った友達を引っ張り、帰りは交代して引っ張ってもらうことがスムーズにできました。

 自由遊びと設定遊びでは、子どもの主体性や創造性の視点から相反するようなイメージに捉えられやすいですが、H君のような自由遊びで何をしたらいいのか、どうやって友達と関わったらいいのか、やりとりはどうすればいいのかが分からない(難しい)子どもにとっては、設定遊びで友達との関わり方や遊び方を練習(本人は練習しているとは意識していませんが)することも大切だと改めて感じました。
 ムーブメント教育には、フリームーブメント(自由遊び)と設定されたムーブメント(設定遊び)がバランスよく整えられており、フリームーブメントでの子どもの観察で、臨機応変にムーブメントプログラムを調整していきます。
 通常学級の中にいる特別な支援を必要とする子どもにとって、学級の時間や休み時間などの遊びの時間に友達とトラブルを起こすことが問題に挙げられます。こういった場合においても、自由遊びと設定遊びのムーブメント教育の考え方が、解決策の一つになるのではないかと思いました。

マリアンヌ・フロスティッグ博士の言葉2008/02/18 18時28分49秒

マリアンヌ・フロスティッグ博士

和光大学の大橋さつき先生が運営する「CREATIVE MOVMENT&DANCE ゆうゆう」というブログに、マリアンヌ・フロスティッグ博士の素敵な言葉が出ていました。

教師のおこなう教育は、教育についての最新の考えと技術をいつももっているということだけではなく、すべての子どもについて配慮するのと同じ仕方で、自己の人格をも教化することでなければならない。
文明のもっともよき伝道者とは、自分自身を教化する人のことである。
倫理的態度のもっともよき伝道者とは、自分自身が倫理的な人のことである。
尊敬と共感性のもっともよき伝道者とは、自分自身を尊敬し、共感する人のことである。
学問への情熱のもっともよき伝道者とは、自分自身が情熱的な人のことである。
美のもっともよき伝道者とは、自分自身が美しいものを愛する人のことである。
創造性のもっともよき伝道者とは、自分自身が創造的な人のことである。
こうしてみてくると、私どもの教育には終わりがないのである…。
(フロスティッグ著 伊藤隆ニほか訳『人間尊重の教育』あとがきより)


ムーブメント教育・療法の創設者であるマリアンヌ・フロスティッグ博士の偉大さが、この言葉からでも感じられます。
ムーブメント教育に限らず、子どもの教育・保育・療育・医療等に携わっている者であれば、今の現状に満足しないで、常に自分自身を磨き・努力し続けることの大切さを、時代を超え、国境を越えて教えてくださっているように思います。
「人間尊重の教育」を理念としているムーブメント教育は、本当に終わりがないですね。

中学生の力2008/02/23 19時52分55秒

棒を使ったぶら下がりのムーブメント

 今日は地域生活支援センター夢ポケットの児童デイサービスの日で、2月は2回目となるムーブメント活動をしてきました。
 夢ポケットのムーブメント教育は、毎月2回第2・第4土曜日に行っていますが、第2土曜日は小学生だけの集団12~14名、そして第4土曜日は中学生を中心とした集団12~14名でムーブメントをしております。今日は第4土曜日ということで、13名中9名が中学生でした。
 この夢ポケットでムーブメント教育を始めて5年になるのですが、今日参加していた中学生のほとんどが、5年前から夢ポケットで児童デイサービスを利用しており、当然ムーブメント教育にも参加していたので、私も以前からよく知っている子どもたちでした。

 さて、今日のムーブメントプログラムは、
①フリームーブメント
②走行ムーブメント
③棒を使ってぶら下がり
④スペースマットを使ったムーブメント
⑤サーキットムーブメント
です。
 この③の「棒を使ってぶら下がり」のムーブメントですが、今から約4年前の2004/5/15・5/16に、東京都大田区にある関西ペイントで行われた中級指導者講習会に参加した時、最初のセッションでムーブメント教室の子どもとIMERCスタッフがしていたものです(※上の写真参照)。活動の斬新さと遊具の簡素さから、すぐに使えそうだと思い、長い間この夢ポケットでのムーブメントにも取り入れてきました。
 このぶら下がりムーブメントは、スタッフ2人で棒を持ち、子どもが棒につかまってぶら下がり、そのまま目的地まで移動するので、自分の体重を支える握力調整力バランス感覚身体意識を育てるなどが達成課題に設定できます。スタッフにとっては、子どもを何度も運ぶので、かなり体力を消耗するプログラムですが、なんとこの棒を持って子どもを運ぶ係を、2人の中学生YくんとTくんが意欲的にしてくれました。
 このYくんとTくんも3年前にぶら下がりのムーブメントに出合い、ぶら下がることを何度も積極的に参加していたことを思い出します。その当時は自分の順番を待つのが難しい2人で、走り回っては友達の順番をとばして割り込むという状況でした。その2人が中学生となった今、身長170cm以上、体重も70kg以上ととても頼もしい体格で、小柄な中学生を軽々と持ち上げて運んでくれました。

 小学生の時から楽しくムーブメントに参加していた子どもが、中学生になって体も大きくなり、今度は自分がスタッフと同じようにみんなを楽しませる役を自分からするようになるというのも、ムーブメントならではの嬉しい光景ですね。中学生の力、そしてその根底にあるムーブメントの力の素晴らしさを実感しました。Yくん、Tくん、ありがとう。

子どもの達成感2008/02/28 23時44分18秒

鬼の的当てムーブメント

 先日の2月24日(日)に、愛媛支部が主催する2月の定例学習会を、愛媛大学教育学部附属特別支援学校の遊戯室で行いました。
 さて、2月といえば「節分」です。本当の節分の時期はとっくに終わってしまいましたが、今回は節分をテーマにしたムーブメントを行いました。
 節分といえば、「豆まき」と「鬼」です。そこで、スタッフが鬼に扮装して最初から活動に参加し、鬼と子どもたちの力比べや、豆まきをモチーフにしたビーンズバッグの的当てをムーブメントに取り入れました。
 この節分バージョンのムーブメントで大切にしたねらいは、『達成感』です。
 鬼との力比べでは、普段のムーブメントで活用しているホースを使って、子どもたち VS 鬼の綱引きをしました。子どもたちは、鬼との勝負に負けじとみんなで力を合わせて引っ張ります。さすがの大人でも団結した子どもの力にはかないませんでした。鬼というキャラクターが登場したことで、「鬼に負けないぞ!」という子どもたちに共通した活動意欲が起こり、それが仲間意識につながって大きな力となり、綱引きの勝利に結びついたのです。ここで「やったー、みんなで力を合わせて鬼に勝ったー!」という一つの達成感が味わえました。
 次に、ビーンズバッグの的当てです。綱引きでは集団の力で獲得する達成感ですが、的当てでは個人の力(自分の力)で獲得する達成感が味わえるように、一人ずつ鬼の的にビーンズバッグを投げ、当たったら的が倒れるという設定を考えました。
 子どもによって発達段階が違うので、ビーンズバッグを投げる速さや力が違ってきます。そこで、力の強い子どもが投げる時は、的を支えているゴムを少し強く固定して簡単に倒れないようにし、力の弱い子どもの場合にはゴムの固定を最小限に緩め、軽くちょっと当たっただけでも倒れるように、その都度子どもに分からないように細工をしました。その結果、力の強い子どもは、何球投げてもなかなか倒れず、やっと倒れてガッツポーズ!。小さな子どもや力の弱い子どもでも、少し距離を近くにして何とか当たっただけでも倒れて、リーダーにタッチ!。どちらの場合も、「自分の力で投げた球で、鬼の的が倒れた!」というもう一つの達成感が味わえました。

 この「達成感」は、子ども一人だけで感じられるものではなく、周囲の大人や仲間の共感と承認があって初めて「ヤッター!」と実感していくのだと思います。ムーブメント教育には、子どもが自分で何かにチャレンジできる環境とチャンスを設定することができます。そして、何かを成し遂げた時、一緒に喜び、褒めてあげることで「達成感」をより多く感じることができ、自信や意欲が育つことにもつながります
 子どもの「ヤッター、僕もできるんだ!」という達成感が味わえるようなムーブメント活動を、これからもどんどん設定していきたいと思います。

 詳しい活動の様子は、愛媛支部のホームページをご覧ください。

カウンター