子どもの成長と家族の喜び2008/04/01 23時35分32秒

子どもの成長
 3月23日(日)に愛媛支部が主催する今年度(平成19年度)最後の定例学習会を愛媛大学教育学部附属特別支援学校の遊戯室で行いました。
今回の定例学習会は、子どもの1年間の成長を確認することができる活動になりました。内容としては、これまでに経験してきたいろいろな動きを取り入れて、総合的な活動になるサーキットムーブメントが中心となり、去年の9月から継続して取り組んできたタオル体操のダンスバージョンに加えて、お風呂バージョンも行いました。

 今回のサーキットムーブメントでねらったメインの達成課題は「身体意識」です。
 ムーブメント教育においては無くてはならない、絶対にはずせない達成課題であるだけに、あえて初心に帰ってプログラムを立てました。
○穴の開いた新聞紙を破らないように体を調節してくぐる。
○足型に穴の開いた新聞紙に、足を入れて進む。
○二つの穴の開いた新聞紙に二人で頭を入れて進む。
○缶ポックリを操作して進む。
○ビーンズバッグを操作して進む。
○二人で風船を背中に挟んで進む。
どの活動も「身体意識」だけでなく、視知覚連合運動や操作性、社会性などの様々な達成課題が複雑に絡み合っています。子どもたちは、活動環境を自分で捉え、考えて体を動かし、時には友達と一緒に課題に取り組んでいました。初めて経験する缶ポックリでは、自分でできそうな大きさを選んでこけないようにゆっくり進んだり、ビーンズバッグを足の甲に乗せるとき、どうしても落としてしまうので、手で押さえながら進んだりと・・・。具体的な動きのモデルを示した訳でもなく、アドバイスした訳でもなく、子どもたち一人一人が考え、友達の動きを見て出てきた行動でした。

 1年間(12回)の活動を終えて、改めて子どもの成長を実感したのは、この動き(課題)が「できるようになった」というだけではなく、「できないけれどもやろうとした」「リーダーや友達の動きを見ていた」「自分で考えた動きをしていた」ということがたくさんの子どもに見られたことです。子どもの成長とともに、我々スタッフ側も子どもの成長を見る視点が広がり、子どもと一緒に成長することができました。
 活動後の保護者との話し合いの中で、「ムーブメントを含めた生活を通して、協調性が身に付いてきた」「集団の中で周囲を見ながら動きを判断する場面を経験できるのでありがたい」というような温かい感謝の言葉をたくさん頂きました。子どもの成長と家族の喜びを共感することができた、とてもありがたくそして嬉しい瞬間でした。

 さていよいよ、平成20年度がスタートしました。
 1年間の成果と反省を生かし、子どもの更なる成長と保護者の願いを達成できるよう、また1年みんなで協力して頑張っていきたいと思います。

子どもの反応から学ぶ2008/04/16 20時24分03秒

紙吹雪の様子
 本業である学校の仕事に追われてしまい、しばらくブログの更新が遅れていました。少しずつ溜まった思いやネタを織り交ぜながら、ブログに載せていきたいと思います。

 さて、先日の3/30(日)に「NPO法人ぷちすてっぷ(発達障がい児の支援を考えていく親の会)」から依頼を受け、ぷちすてっぷでは約3ヶ月ぶりのムーブメントを行いました。この日は朝から雨が降っていたにもかかわらず、春休み中だったこともあり参加した子どもの数が20名近くと、これまでにない大人数でした。
 今回のプログラムは、
①絵本の読み聞かせ
②タオルムーブメント
③缶ポックリムーブメント
④スクータームーブメント
⑤うちわムーブメント
⑥パラシュートムーブメント
 というように、愛媛支部で行った活動を少し修正した内容で構成し、約1時間という少し長目のムーブメントを行いました。

 このぷちすてっぷのムーブメントに参加してくれる子どもは、多くが自閉症もしくは自閉傾向のある特性をもっております。最初のうちはムーブメント活動に対する興味関心があまりなかった子どもたちも、さすがに3回目の活動ということと、活動場所も3回とも同じ場所であるということもあって、場所の雰囲気やムーブメントの流れにも慣れてきて、積極的に参加してくれるようになりました。
 しかし、子どもたちは素直で正直なもので、順番を待たされるもの、最初面白そうだと思って取り組んでみたものの、やってみたら興味がもてなかったもの、始めから興味関心がないものなどにはその場を離れてしまい、遠巻きに活動を見ながら自分の好きな遊びに興じることがよくあります。場の設定や指示の出し方、教材や遊具の使い方はよかったのか?と、この時ほど我々の環境設定の仕方を痛切に反省させられることはありません。
 今回で言えば、缶ポックリとスクーターのムーブメントでした。最初の取り掛かりはよかったものの、時間が経つにつれて一人減り、二人減りと少しずつ減っていって、約半分の自閉症の子どもがその場を離れてしまいました。
 ところが、うちわを使ってたくさんの風船を打ち上げる「うちわムーブメント」になると、少しずつみんなの集団に戻ってくるようになり、両手でうちわを持ちカラフルな風船を体育館いっぱいに追いかけていました。そして、細かく小さく切った紙をうちわで扇いで紙吹雪を起こす活動では、扇げば扇ぐだけ様々な色の紙が空中を高く舞い上がり、目の前全体にひらひらとゆっくり紙が吹雪のように落ちてくる様子に子どもたちは大喜び。気が付くと、全ての子どもがうちわを持って紙吹雪の中ではしゃいでおり、その周りには一人遊びをしている子どもは誰もいませんでした。

 子どもたちが生き生きと意欲的に参加することを目指して、プログラムを計画していきます。しかし、実際に活動を行ってみると、思ったように子どもが参加してくれなかったり、あるいは逆に予想以上に子どもたちが楽しく取り組んだりすることがあります。そういう時にこそ、子どもの反応をよく見て環境設定を分析し、何が悪かったのか?何が良かったのか?を考え、次の活動に生かすということを今回のムーブメントで実感しました。少なくとも、ぷちすてっぷのムーブメントに参加した自閉症の子どもにとっては、「視覚的に変化の富んだ刺激のある教材や遊具を使用する」、「それと合わせて触感覚にも快の刺激が与えられるような動きや動作を取り入れる」ということが有効であるように思いました。

 また約3ヵ月後にもムーブメントを継続してして欲しいと、ぷちすてっぷの方から依頼がありました。この経験をぜひ次回のムーブメントに生かしたいと思います。

トランポリンの魅力2008/04/18 15時07分25秒

 先日の4月13日(日)、愛媛大学教育学部附属特別支援学校の遊戯室で2008年度第1回目のムーブメント定例学習会を行いました。
 学校は桜満開で、春爛漫!。でも天気は残念ながら曇りで少し肌寒い感じがありましたが、学校に足を運んでくる子どもたちの期待にあふれた笑顔で、周りの雰囲気は一気にヒートアップ!。やはり、子どもたちの存在そのものが、身も心も温かくしてくれるようです。

 さて、今回の定例学習会のプログラムは・・・
①フリームーブメント
②ホースムーブメント
③タオル体操
④色遊びサーキット
⑤パラシュート
⑥紙吹雪遊び
 です。最後の活動「紙吹雪」は、ぷちすてっぷのムーブメントで行った遊びで、是非愛媛支部の子どもたちにも経験させてあげたいと思い、取り入れました。

 ところが、今回の活動には子どもの知的好奇心を掻き立てる思わぬ遊具が待っていたのです。このタイトルにもあります「トランポリン」です。
 いつも活動を行っている遊戯室には、子どもが5~6人が同時に乗って遊べる大きなトランポリンがあります。いつもは部屋の隅に立てかけて使えない状態になっているので、愛媛支部のムーブメント活動では取り入れていませんでした。しかし、当日準備でスタッフが遊戯室に入ると、トランポリンが出したままの状態になっていたのです。この時、スタッフの間に「今日のムーブメントにこのトランポリンを取り入れよう」という即行のプログラム変更が行われました。ただ、他の活動の準備もあるため、トランポリンを端の方に寄せてマットをかぶせていました。
 会場に入ってきた子どもたちは即座にトランポリンを見つけ、やはりそこに駆けつけます。「後でたっぷり遊ばせてあげるから」としっかり約束してムーブメント活動をスタートしました。
 そして、トランポリンの活動になると、子どもたちは待ってましたと言わんばかりにトランポリンに飛び乗り、跳んだり跳ねたりとみんな時間いっぱい楽しみました。今回計画していたプログラムにはない予定外のトランポリンでしたが、どの子を見ても生き生きした表情で時間を忘れるくらい熱中していました。

 ムーブメント教育・療法において、パラシュートと同じくらい子どもに人気のあるトランポリンは、バランス感覚、調整力、脳神経の発達、空中動作の習得など様々な達成課題がねらえるため、教育現場・保育現場だけでなく、医療・療育現場にも王道として取り入れられています。子どもにとっては、高く跳ぶことで開放感を味わうことができ、地上では眺めることのできない風景をトランポリンによって繰り返し眺めて楽しむことができます。
 思うに、トランポリンには子どもがうれしい時ピョンピョン跳び上がって喜ぶように、人間の喜びの表現に通じる動きが主体となっているため、子どもに限らず大人にも楽しめるという魅力があるのではないでしょうか。
 今回、サプライズのように登場したトランポリンでしたが、やはりこの魅力に愛媛支部の子どもたちもはまってしまったようです。

 詳しい活動の様子は、愛媛支部のホームページに掲載する予定ですので、しばらくお待ちください。
カウンター