子どもの成長と家族の喜び2008/04/01 23時35分32秒

子どもの成長
 3月23日(日)に愛媛支部が主催する今年度(平成19年度)最後の定例学習会を愛媛大学教育学部附属特別支援学校の遊戯室で行いました。
今回の定例学習会は、子どもの1年間の成長を確認することができる活動になりました。内容としては、これまでに経験してきたいろいろな動きを取り入れて、総合的な活動になるサーキットムーブメントが中心となり、去年の9月から継続して取り組んできたタオル体操のダンスバージョンに加えて、お風呂バージョンも行いました。

 今回のサーキットムーブメントでねらったメインの達成課題は「身体意識」です。
 ムーブメント教育においては無くてはならない、絶対にはずせない達成課題であるだけに、あえて初心に帰ってプログラムを立てました。
○穴の開いた新聞紙を破らないように体を調節してくぐる。
○足型に穴の開いた新聞紙に、足を入れて進む。
○二つの穴の開いた新聞紙に二人で頭を入れて進む。
○缶ポックリを操作して進む。
○ビーンズバッグを操作して進む。
○二人で風船を背中に挟んで進む。
どの活動も「身体意識」だけでなく、視知覚連合運動や操作性、社会性などの様々な達成課題が複雑に絡み合っています。子どもたちは、活動環境を自分で捉え、考えて体を動かし、時には友達と一緒に課題に取り組んでいました。初めて経験する缶ポックリでは、自分でできそうな大きさを選んでこけないようにゆっくり進んだり、ビーンズバッグを足の甲に乗せるとき、どうしても落としてしまうので、手で押さえながら進んだりと・・・。具体的な動きのモデルを示した訳でもなく、アドバイスした訳でもなく、子どもたち一人一人が考え、友達の動きを見て出てきた行動でした。

 1年間(12回)の活動を終えて、改めて子どもの成長を実感したのは、この動き(課題)が「できるようになった」というだけではなく、「できないけれどもやろうとした」「リーダーや友達の動きを見ていた」「自分で考えた動きをしていた」ということがたくさんの子どもに見られたことです。子どもの成長とともに、我々スタッフ側も子どもの成長を見る視点が広がり、子どもと一緒に成長することができました。
 活動後の保護者との話し合いの中で、「ムーブメントを含めた生活を通して、協調性が身に付いてきた」「集団の中で周囲を見ながら動きを判断する場面を経験できるのでありがたい」というような温かい感謝の言葉をたくさん頂きました。子どもの成長と家族の喜びを共感することができた、とてもありがたくそして嬉しい瞬間でした。

 さていよいよ、平成20年度がスタートしました。
 1年間の成果と反省を生かし、子どもの更なる成長と保護者の願いを達成できるよう、また1年みんなで協力して頑張っていきたいと思います。

コメント

_ haru ― 2008/04/02 14時18分57秒

ムーブメントの中でこどもが「できないもしれないけれどやってみよう」と
挑戦する場面はよくみられます。それは、リーダーの適切な声掛けが
こどもの心の中のハードルを下げる効果が働いているんじゃないかと
思います。スタッフも保護者も環境設定に参加してこどもの動きのそばで
励ましの声を掛けたり、設定自体をこどもの能力や発達段階に合わせて微調整をしたりして、こどもがあきらめないでゴールまで到達しようとする意思を支援する体制になっていることは、すばらしい教育環境だと思います。一人ひとりにいろいろ試してみる自由とたっぷりの時間を与えていることも、こどもの主体的な活動を促すことにつながっているように思います
 「自分で考えた動き」がみられるのも、こうしなければならないという枠がなく、命令や強制的な指示がまったくないムーブメントのよさがこどもの創造性をのびのびと発達させているといえるのではないでしょうか。
 思考手段としての言葉を 「内言」と表現したヴィゴツキーは子どもの発達状況と教育を考える上で、「発達の最近接領域」を重要視すべきだと説きました。これは、子どもが自力で解決できる水準(現在の発達水準)とそれよりも高いレベルの他者の援助によって解決できる水準(最近接領域)を考慮すべきだいうものです。現時点で「できる」部分だけをみて評価するのではなく、この最近接領域を十分考慮したうえで、適切に子どもたちの発達を援助していくことが大切であるという考え方です。
 ムーブメントにはまさしくこのヴィゴツキーの視点がふんだんに取り込まれていますね。そんなまなざしで子どもの遊びを支える環境ができあがっているから、こどもにも大人にも笑顔があふれるんだと確信します。こどものくったくのない笑顔に周囲の大人も笑顔になり、お父さんお母さんの笑顔を見た子どもたちの心はさらに明るくなり情緒も安定する。そんなプラスの循環がムーブメント会場には広がっていることが何よりうれしいです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

カウンター