子どもの反応から学ぶ2008/04/16 20時24分03秒

紙吹雪の様子
 本業である学校の仕事に追われてしまい、しばらくブログの更新が遅れていました。少しずつ溜まった思いやネタを織り交ぜながら、ブログに載せていきたいと思います。

 さて、先日の3/30(日)に「NPO法人ぷちすてっぷ(発達障がい児の支援を考えていく親の会)」から依頼を受け、ぷちすてっぷでは約3ヶ月ぶりのムーブメントを行いました。この日は朝から雨が降っていたにもかかわらず、春休み中だったこともあり参加した子どもの数が20名近くと、これまでにない大人数でした。
 今回のプログラムは、
①絵本の読み聞かせ
②タオルムーブメント
③缶ポックリムーブメント
④スクータームーブメント
⑤うちわムーブメント
⑥パラシュートムーブメント
 というように、愛媛支部で行った活動を少し修正した内容で構成し、約1時間という少し長目のムーブメントを行いました。

 このぷちすてっぷのムーブメントに参加してくれる子どもは、多くが自閉症もしくは自閉傾向のある特性をもっております。最初のうちはムーブメント活動に対する興味関心があまりなかった子どもたちも、さすがに3回目の活動ということと、活動場所も3回とも同じ場所であるということもあって、場所の雰囲気やムーブメントの流れにも慣れてきて、積極的に参加してくれるようになりました。
 しかし、子どもたちは素直で正直なもので、順番を待たされるもの、最初面白そうだと思って取り組んでみたものの、やってみたら興味がもてなかったもの、始めから興味関心がないものなどにはその場を離れてしまい、遠巻きに活動を見ながら自分の好きな遊びに興じることがよくあります。場の設定や指示の出し方、教材や遊具の使い方はよかったのか?と、この時ほど我々の環境設定の仕方を痛切に反省させられることはありません。
 今回で言えば、缶ポックリとスクーターのムーブメントでした。最初の取り掛かりはよかったものの、時間が経つにつれて一人減り、二人減りと少しずつ減っていって、約半分の自閉症の子どもがその場を離れてしまいました。
 ところが、うちわを使ってたくさんの風船を打ち上げる「うちわムーブメント」になると、少しずつみんなの集団に戻ってくるようになり、両手でうちわを持ちカラフルな風船を体育館いっぱいに追いかけていました。そして、細かく小さく切った紙をうちわで扇いで紙吹雪を起こす活動では、扇げば扇ぐだけ様々な色の紙が空中を高く舞い上がり、目の前全体にひらひらとゆっくり紙が吹雪のように落ちてくる様子に子どもたちは大喜び。気が付くと、全ての子どもがうちわを持って紙吹雪の中ではしゃいでおり、その周りには一人遊びをしている子どもは誰もいませんでした。

 子どもたちが生き生きと意欲的に参加することを目指して、プログラムを計画していきます。しかし、実際に活動を行ってみると、思ったように子どもが参加してくれなかったり、あるいは逆に予想以上に子どもたちが楽しく取り組んだりすることがあります。そういう時にこそ、子どもの反応をよく見て環境設定を分析し、何が悪かったのか?何が良かったのか?を考え、次の活動に生かすということを今回のムーブメントで実感しました。少なくとも、ぷちすてっぷのムーブメントに参加した自閉症の子どもにとっては、「視覚的に変化の富んだ刺激のある教材や遊具を使用する」、「それと合わせて触感覚にも快の刺激が与えられるような動きや動作を取り入れる」ということが有効であるように思いました。

 また約3ヵ月後にもムーブメントを継続してして欲しいと、ぷちすてっぷの方から依頼がありました。この経験をぜひ次回のムーブメントに生かしたいと思います。

コメント

_ haru ― 2008/04/18 08時08分49秒

  視覚的なアプローチ方法にはどんなことが考えられるのでしょう。
決まった順序で行う身の回りのこと(起床から就寝までの一連の生活)
をカードや時計の絵を見やすい位置に掲示して、それを頼りに一日の
流れをつかんでいくという方法が自閉症の子どもにとって有効である
として、取り入れている学校や療育施設があります。
でも、ムーブメントの遊びは流動的で変化に富んでいるため、なかなか
カードや大きな絵を用意して・・・という訳にはいかないですね。
  う~ん、やっぱり、動きのモデルを示すことで今から自分が何を
どうするのか、見通しをたてやすくして安心させてあげることが大事
でしょうか。やってみようかなと意欲を湧かせて上げられたら・・と
思います。どうしても言葉で説明しただけで子どもたちにちゃんと
伝わっていると判断して先に進めてしまいがちですものね。
  それから、自閉症のこどもたちは「競争する」ということにほとんど
価値を感じませんし、自分と向き合って楽しいと感じることをとことん
追求するのが得意です。だから、回数は少なくても一つひとつの動作を
じっくり取り組ませてあげられる時間を確保して、達成感を味わわせて
あげられたら、自尊心も有能感も芽生えてくるんじゃないかなと思います。
  毎月の学習会では会場の広さが適当で目の届く範囲で子どもたち
が活動するので、一人ひとりの様子を見ることができますが、大人数
でしかも体育館の広さと体育館周辺の備え付けの様々な遊具、体育
教材が並んでいたら、触ってみたり遊んでみたりしたくなるのも無理
ないことかと思います。開始の前にある程度、保護者の方やボランティア
の皆さんに役割分担を明確にして、こどもがムーブメントに集中できるよう
働きかける工夫をすることも可能かと思います。子どもたちと一緒に
お父さんお母さんも楽しんでもらえるよう次回はどんどん中に入って
もらえるようにしていきます。
  あと、プログラムの最初に紙芝居の読み聞かせをされていた方が、
ピアノで軽快な楽しいメロディーを奏でるとワァ~と子どもたちがピアノ
の周りを囲んで音楽に合わせてからだ全体でリズムをとっていました。
こどもは音楽に敏感に反応しますね。ムーブメントのときもプログラムの
進行に合わせて効果的な音楽が流れていると楽しさも倍増するので
しょうね。楽しい雰囲気を演出するためにも今後はピアニストが不在
の時にはBGM専用のCDや音響器具を用意することを心がけたいと
思います。配慮が足りなかったためにリーダーにさえ違和感を感じ
させることになりました。事前の打ち合わせ、協力体制を綿密にする
ことが、いかに大切か学んだムーブメントでした。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

カウンター