缶ポックリでムーブメント2008/10/01 16時52分48秒

缶ポックリでムーブメント
久しぶりのブログ更新です。
諸事情によりブログに手をつけることができませんでしたが、心機一転がんばって続けていきたいと思います。

さて、皆さんは缶ポックリという遊び(おもちゃ)を知っていますか?
今のような任天堂DSやPS(プレステ)、Wii、ちょっと昔のファミコンなどのようなゲーム機がなかったかなり前の時代に、子どもたちが自分で作って遊んだおもちゃです。
知っている人も多いと思いますが、食べ終わった缶詰2個にひもを通す穴を開け、ひもを通して輪にするだげのもので、だれにでも簡単に作れるのが魅力的です。
缶に足を乗せ、ひもを手に持って引っ張り上げ、手と足を連動させてカパカパと歩く単純な遊びですが、今時の子どもはこんな遊びの経験が少ないからか、初めてする時にはかなり喜んで取り組んでくれます。(こればっかりすると飽きてきて、すぐに嫌になると思いますが・・・)

この缶ポックリの遊びを愛媛支部のムーブメント活動の中にも取り入れてみました。単にパカパカを歩くだけでも手足の連合運動になるのですが、さらに楽しくするために、コースを作ってそこに課題を設定しました。低い棒を床に並べてまたいでみたり、大きな積み木で階段を作ってそこを登ったり降りたり・・・。
また、缶ポックリの缶にバリエーションをつけて、いろいろな缶詰を使って缶ポックリを作ってみました。
直径20cm、缶の高さ20cmの大きな缶ポックリから、低いもの、直径が短くて高いもの、缶2個をつなげて(空き缶は合計4個使用)足の形にヒットするようなもの、楕円形の缶を使用したものなど・・・。
このいろいろな缶ポックリを、愛媛支部のムーブメント学習会だけでなく、私の勤務する学校の体育の授業で取り組んでみました。

また、手足に障害があって、手足の連動した動きを自分からするのが難しく、缶から簡単に足が離れてしまう子どものために、100円ショップで買ったスリッパにひもを通して缶ポックリのようなスリッパを作りました。そうすることで、足が簡単に離れず、後ろから支援する先生と一緒に缶ポックリと同じ活動に参加できました。

5月から始めた缶ポックリの活動を継続したことにより、これまでできなかった生徒が、5m、10mと長く進めるようになりました。子ども自身もできるようになったことで自信がついたようです。
そこで、運動会の個人走種目にも缶ポックリを競技を入れることになりました。スタートから5mまでを缶ポックリを履いて進み、その後は走ったり、ハードルを越えたりという競技です。
運動会当日は、普段の成果が子ども一人一人に現れ、保護者や応援してくれたみんなから大きな拍手と声援をもらいました。

単純で且つ簡単に作れる缶ポックリ。障害のある子どもにとっては、最初は難しい活動でも、ムーブメントに取り入れてみんなと楽しく遊び、授業でも継続して取り組んだことで、自信をもって意欲的に取り組める遊びとなりました。

まだまだ昔の遊びには、お宝がねむっていそうです。
カウンター