ムーブメントの真髄は?2008/10/03 22時00分48秒

夏期セミナー愛媛大会の様子
夏休み中に、愛媛支部では二つの大きな活動を行いました。
一つ目は、7/26(土)・7/27(日)の「夏期セミナー愛媛大会」
二つ目は、8/8(金)の幼稚園、小中学校、特別支援学校の教員を対象にした毎年恒例の「特別支援教育夏季実技研修会(B講座:ムーブメント教育)」
です。
この二つが夏休み中の大きな活動なのですが、どちらにも毎月1回行なっている愛媛支部の学習会で、元気に活動してくれる子どもたちが参加してくれました。そのお陰で、活動が盛り上がったことは言うまでもありません。

「誰のためのムーブメント教育か?」を考えた場合、その場に子どもがいて一緒に活動し、子どもの反応を確かめ、感動を共にするというのは、ムーブメント教育の真髄だと思います。
「子どものためのムーブメント教育」を大人たちが学ぶ場で、子どもがその場に参加してくれるありがたさ。まさしく生きた学問だと実感しました。
夏休み中の大変暑い日にもかかわらず、子どもたちはどちらも喜んで参加してくれ、保護者の方々も理解をしてくださり、一緒に楽しんで活動してくださいました。本当にありがとうございました。

子どもからのあふれ出るパワーと、保護者の熱い思いの波に乗って、愛媛支部の活動もさらにパワーアップしていきたいと思います。

コメント

_ haru ― 2008/10/05 12時30分10秒

 そうですね。「子どものすこやかな成長のために」ムーブメントは全国で実践されていますね。わが郷土、愛する愛媛にもムーブメントの組織があって、先生を始め、スタッフの方々、子どもたちのご家族のみなさんの温かい協力の下、毎月の学習会が実践できることは、本当にありがたいことです。
 何より、楽しみに集まってくれる子どもたちあってのムーブメント。関わっている周りの大人にどれだけの幸せをもたらしてくれているか計り知れません。
 ある先哲の言葉に「子どもは本来、伸びよう、成長しよう、という生命の勢いを持っている。何かのきっかけで、ぐんぐん伸びていく子どもの成長の速さは、まことに目覚しい。子育てとは、基本的には、この子どもの生命力の流れを正しく導き、成長をはばむものを取り除いてあげることではないだろうか。」とありました。まさしくムーブメント教育そのものを言い当てた言葉ではないかと思います。無理なく楽しみながら、その子がもっている力を引き出す環境が用意されていて、常に子どもの反応を基準に遊びが展開されます。事前にプログラムが準備されていますが、スタッフの働きかけに応じる子どもたち一人ひとりの表現や感情も汲み取って、こちらが目の前の子どもの状況を尊重し沿っていく教育の実践を心がけておられると思います。
 発達に障がいのある子どももそうでない子どもも一緒にムーブメントの課題に取り組む中で、それぞれのよいところを吸収したり、幼い子や達成できていない子への励ましや手助けが自然にできる愛媛支部の子どもたちは愛媛の宝物です。
 セミナーや学校の先生方の実技研修を通して、学校の先生、幼稚園・保育園の先生、医療関係の専門の先生、そして、子どもを家庭で育てておられるお父さん・お母さん・ご家族のみなさんがムーブメント教育の底流にあるこのヒューマニズムを実感していただき、一人でも多くのムーブメント実践者の育成に力を注いでいただけたらと願っています。
 そのために本業のお仕事をこなしながら、中心になって愛媛支部の発展に尽力くださっているK先生、ありがとうございます。
 夏のセミナーでおみやげにと参加者にお渡しした一筆箋やスタンド型のメモ用紙に込められた想いがきっと伝わって発展していくと信じています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

カウンター