聴覚障害とムーブメント教育2008/10/05 18時59分47秒

 ちょっと前の話になりますが、夏休み前の7月10日(木)に、大洲市特別支援学級交流学習会にムーブメントの講師として参加させてもらいました。
 この交流学習会は、大洲市内の小・中学校特別支援学級の児童生徒が合同で年間3回(各学期1回)行なっている行事で、この日は第1回目の交流会として「ムーブメント」を取り入れてくれたのです。
 大洲市内の特別支援学級の児童生徒は、小・中学校合わせて約40名、それに小学校と交流している県立養護学校(分校)の生徒もこの学習会に参加していたので、合計約50名という人数でムーブメントを行ないました。
交流学習会の内容は、以下のとおりです。

①開会行事
②自己紹介
③ムーブメント活動
 ○ホースを使ったムーブメント
 ○タオルを使ったムーブメント
 ○カーラーロープとタオル、スクーターボードを使ったムーブメント
 ○パラシュートを使ったムーブメント
④閉会行事


 ②の各学校ごとに前に出て一人ずつ自己紹介をしている時、聴覚障害の女の子(小1)が一人いるのに気付きました。この女の子(以下A子ちゃん)は、近隣の県立聾学校に在籍しており、週1回大洲市内の小学校に交流に来ているので、この日も交流日として参加していたようです。
 A子ちゃんは知的発達の遅れはなく、手話を使って一緒に来ていた母親や教師とコミュニケーションをとっていました。
 約50人の子ども全員に楽しんでもらうために、そしてこの聴覚障害のA子ちゃんにも「ムーブメントは楽しい」と思ってもらうためにも、私もムーブメント活動の時には、手話を付けて(たまたま学生時代に手話を勉強していたので、本当に久しぶりに手話を使いました)指示を出したり応援したりすることを心がけて取り組むことにしました。
 私のたどたどしい手話付きの説明や指示をじっと見つめて聞いてくれていたA子ちゃん。十分理解してくれたかどうか分からなかったのですが、ムーブメントが始まると交流の子どもたちと一緒にホースを持って走ったり引っ張ったりと、もうムーブメントに夢中でした。タオルムーブメントになった時も、最初に私の顔をよく見て話を聞き、次に隣の仲良しの友達の様子を見ながら同じように取り組み、タオルを使って自由に体を動かす時には、自分の考えた動きで会場を走り回っていました。
 この交流学習会の閉会行事が終わった後の帰り際に、Aちゃんのお母さんが私の方に来てくれ、直接「ありがとうございました。A子はとっても喜んでいました。」とお礼の言葉をいただきました。私の方もお詫びとお礼を言って、「いつかまた一緒にムーブメントをしましょう」という話でお別れしました。

 このムーブメント活動では、私の方が「内容や意味が伝わったかな?」と心配しながら進めていきましたが、実際の活動中は、A子ちゃんは大まかな指示内容は私の手話と口の動きで読み取り、分からない時は周りの子どもたちの動きを見て内容を把握していたようです。でも、50人という集団の力と、「楽しい」「おもしろい」「できた!」という快の感情を友達と一緒に共有できたことが、A子ちゃんの喜びにつながったのだと思います。

 聴覚障害児(者)は、視覚的な情報をもとに状況や内容を判断して生活(活動)しています。したがって、聴覚障害児(者)に対してムーブメント活動を行なう場合、言葉のみの説明や指示よりも、自閉症の子どもに対して行なうような視覚的支援を取り入れること、周りの人がモデルとなるような動きを取り入れることで十分対応できるように思いました。

 今回は、A子ちゃんをとおして、障害のあるなし、種別、男女、年齢に関係なく「全ての人の健康と幸福の達成感」というムーブメント教育の理念の奥深さを感じることができました。

コメント

_ haru ― 2008/10/07 10時00分24秒

 写真はタオルをロープにつるして、その下をスクーターボードに乗った子どもたちが走っている場面ですね。ロープを両端で持ってくださっているのは、各学校の先生でしょうか。確か、このムーブメントは昨年の夏の松山セミナーで愛媛支部の子どもたちが取り組みましたね。
 普段の生活では決して味わえないスリルやワクワク感を存分に楽しめたことでしょう。画像からは子どもたちの表情が読み取れませんが、きっと、子どもたちの笑顔と先生たちのムーブメント初体験の感動が渦巻いていたのではないでしょうか。K先生、スタッフのOさん、Kさん、お疲れ様でした。暑さを忘れるほど、大洲の子どもたちとの交流は楽しく学びの宝庫であったことが、この報告から伝わってきます。
 聴覚障がいのあるA子ちゃんとのふれあいの様子からも一人ひとりの個性をしっかり受け止めて対応されていることがよく分かります。
K先生、大学時代に手話を身につけておられてよかったですね。A子ちゃんと即座に心を通わせることができて、A子ちゃんもどんなにうれしかったことでしょう。そばで見守っていたお母様も生き生きした娘さんの表情や動きに喜びを感じておられたことと思います。
 ほんの少しの勇気が子どもの世界を広げ、その波動が周囲に伝わっていく。教師は子どもにとって最大の教育環境そのものですね。
 私も大学時代、手話を学びましたが、普段ほとんど使わないので、忘れてしまいました。K先生のような子どもとの出会いやコミュニケーションがいつ訪れるか分からないので、私も勉強し直したいと思います。
 聴覚障がい児に限らず、どんな子に対しても視覚的支援がかなり有効なんですね。愛媛支部の学習会でも大人のリーダーのみならず、子どもたちの動きや発想がモデルとしての機能を果たしています。子ども一人ひとりが主役になるように、リーダーの配慮が欠かせませんが、毎回そのような場面が展開されていますもの。なかなかできることでありません。ムーブメントではそれが実践されていることが、ムーブメントの素晴らしさを物語っていると思います。
 11月に予定されている特別支援教育新任担当の先生に、まずムーブメントを体験して頂いて、興味を持っていただき、その教育・療育的な効果を肌で感じ取ってもらえますように、そして、現場で実践していただけますように・・。
 それが、唯一の願いです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

カウンター